ホーム > 社会保険 > 社会保険に加入すべき人、すべきでない人とは?

社会保険に加入すべき人、すべきでない人とは?

社会保険というのは、基本的に労働者にとって非常に有利な制度です。なにしろ、社会保険は保険料の半分を事業主が負担してくれます。「国保+国民年金」よりも保険料が高くなる方もいるかもしれませんが、より充実した保障と将来の年金受取額の増加が見込まれることになります。

 

ですから、基本的には社会保険に加入する方が有利なのです。

 

国保や年金を払っているなら、ぜひとも加入した方がよいでしょう。条件を満たしているのであれば、加入させてもらえるよう勤務先に申し出ましょう。

 

 

社労士ならこちらへ。社会保険、新規加入のお手伝い

 

 

一方、社会保険にはできるだけ加入しない方がお得な方もいます。労働者側から見たとき、社会保険に入るべきではない人というのは次のような条件を満たす方たちです。

・サラリーマンの扶養に入っているパートの方

・サラリーマンの両親(父または母)の扶養に入り同居している子など

ここでいうサラリーマンとは、社会保険に加入している方を指します。

こうした方は、社会保険適用者となることで本来は必要なかった社会保険料負担をする必要が出て、結果的に手取りの収入が減ってしまうというケースもあります。